中国医療保健操

    (古代導引図)        長沙馬王堆漢墓より出土した医学書の中に、二編の導引に関する著作があり、40余
                     種姿勢の導引図が発見されました。中国歴史上最古の導引図とされ、医療体育の萌
                     芽ともいわれています。
                     当時の導引は、「揺筋骨、動肢節、行気血」、すなわち
各種関節病の痛みを治療する
                    作用
を有していました。                          


上工治未病 下工治巳病
中国の古人曰く、「上工治未病 下工治巳病」。 高明な医者ほど疾病を治療するの
みならず、疾病の発生を予防する事を重視する、と言っています。例えば五禽戯で有
名な漢代の華佗は名医であると共に練功師でもあり、診療と同時に日々病人や体の
弱い人に練功を指導していました。

有病能治 未病能防 
鍼灸師も気を練る必要があります。治療に当たって気を活用できることは理想です
から、中国で生活していた折も、勉学の傍ら太極拳、太極剣、長拳などの鍛練を欠
かしませんでした。患者さんも鍼灸だけに頼るのではなく、日頃から身体を鍛練し、
病気に罹りにくい体質をつくることはとても大切なことです。未病を治し病気を予防
する練功をぜひお奨めします。太極拳であれ気功であれ、各々疾病を予防し慢性
病を治療する作用が有りますから楽しんで継続する事が肝要です。日々の鍛練に
より鍼灸の治療期間を短縮することもできます。



現代中国の新しい医療保健体操≪練功十八法


 首肩腰の痛みに  関節の痛みに
  老化予防に    心の健康に
   慢性病に     職業病に


   練功十八法


練功十八法は1970年代、医療と体育を結合し中国上海でつくられました。
中医師(中医学専門医)を中心に、古代の「導引」 「五禽戯」 「八段錦」など
の中国武術と中医学を統合整理し、臨床実践を経て、身体を鍛練し頚、肩、
腰、下肢の痛みを治療する為に創られた医療保健体操です。練功十八法
は前編と後編に分かれ、各3組18の動作があります(計36動作)。各動作
には特定の鍛練と適応症があり、この点が気功や太極拳など他の保健身
体鍛練法と異なるところです。


練功十八法の適応症
前編 第一組  頚肩痛の予防と治療   頚椎病 五十肩
 肩関節周囲炎 落枕(寝違え)など
第二組  腰背痛の予防と治療  坐骨神経痛 ギックリ腰 姿勢性腰痛
 脊柱側弯 筋肉萎縮など
第三組  臀部と下肢の痛みの
 予防と治療
 椎間板ヘルニア 梨状筋損傷
 上殿皮神経損傷 腰痛の放射痛
後編 第四組  四肢関節痛の予防と
 治療
 各関節炎 慢性関節リウマチ
 外傷性関節痛 変形性膝関節症 
 靭帯損傷など
第五組   腱鞘炎の予防と治療  腱鞘炎 テニス肘など
第六組  神経、内臓器官の機
 能不調の予防と治療
 高血圧 動脈硬化 狭心症
 胃腸機能の不調(食欲不振 消化不良
 下痢 便秘 げっぷ等)
 神経症(ノイローゼ)の諸症状


気至效至
中国では鍼灸や推拿治療は無論のこと、身体鍛練においても局部に得気が有ること
が必要とされています。この得気の有無によって治療効果は大きく左右されます。し
たがって練功十八法を行うに当たっても、病変部位或いは局部に得気感を得る事が
できるかどうかが良好な治療効果を生み出す鍵となります。


―――――――――――――――――――――――――――――

臨床データ(参考)
練攻十八法の治療効果に関する臨床実験が中国で行われています。頚、肩、腰、下
肢痛の患者1361例を被験者に、毎日1〜2回 毎回30分 練功十八法を行っても
らい、2〜4ヶ月後にその回復度を医者が検査したものです。
結果は、顕著な効果があったもの38.4% 有効59.8% 無効1.76% となって
います。顕著な効果とは、疼痛消失、機能快復、職場復帰の状態。有効とは、疼痛軽
減、活動機能改善、軽労働可能な状態を指します。 


参考文献 『練功十八法』(上海科学技術出版社)  無断転載は固くお断りいたします