中医針灸治療の適応症 

 日本においては、鍼灸治療の対象疾患は肩凝り

腰痛を筆頭に運動器疾患が主流を占めています。

WHOの対象疾患もあまり周知されていないのが

現状です。

 中国の針灸治療は、西洋医学と同等な医療とし

て大学病院や総合病院、診療所等で行われるの

が一般的です。

 1995年〜1997年の3年間に渡り、中国の大

学病院や診療所で研修する中で、 数多くの、日本

では考えられないような疾病が鍼で治療されている

のを目の当たりにし、驚きと感動を覚えました。

 以下にその疾病名の一部を御紹介いたします。

 神経 脳梗塞  顔面神経麻痺  三叉神経痛  坐骨神経痛  肋間神経痛  頭痛

脳卒中後遺症  神経症  統合失調症  顔面神経痙攣  構音障   癲癇

筋萎縮性側索硬化症   小児麻痺   言語障害  腓骨神経麻痺  中風前兆

脳炎後遺症   多動症  脳萎縮  重症筋無力症  多発性神経炎  脳水腫 

仮性球麻痺  易怒  眩暈  不眠症  舞踏病  帯状疱疹
 整形 頚椎病  半身不随  腰背痛  五十肩  関節炎  坐骨神経痛  テニス肘

椎間板ヘルニア  股関節骨頭壊死  捻挫  変形性関節症  手根管症候群 

寝違い  腱鞘炎  踵痛    脊柱管狭窄症  頸肩腕症候群   肩凝り 

ぎっくり腰  

内科
呼吸器系
消化器系
循環器系
高脂血症  糖尿病  胃下垂  虫垂炎  胆石  慢性肝炎  腎炎  肺炎

膀胱炎  腎石  慢性胃炎  嘔吐  痔  腹痛  肥満  大腸炎  尿道炎

慢性関節リウマチ  痛風  喘息  気管支炎  狭心症  食欲不振  脱肛

血小板減少性紫斑病   レイノー氏病  胃痛    気管支拡張症   胆嚢炎

高血圧症   頻尿  下痢  胸痛   膵臓癌  脈なし病  貧血症  肺気腫

食道炎  急性胃拡張  腸閉塞   静脈瘤

 婦人科

 男科
(泌尿器)
子宮下垂  閉経  前立腺炎  前立腺肥大 遺尿 尿路感染症 子宮内膜炎

陰痿(ED)  生理痛  生理不順  子宮筋腫  遺精  睾丸炎  尿管結石 

更年期障害  陰部掻痒  乳汁分泌不全  妊娠嘔吐   尿失禁   膀胱炎 

早漏  不妊症  無月経  逆子   
 耳鼻科 耳鳴り  難聴  アレルギー性鼻炎  メニエール病  副鼻腔炎  涙嚢炎

中耳炎  鼻血  耳痒  流行性耳下腺炎 

 眼科 白内障  緑内障  視神経萎縮  夜盲症  視神経炎  視野狭窄  斜視 

網膜色素変性症  慢性結膜炎  眼瞼下垂  涙嚢炎  原田病   近視

動眼神経麻痺  ウィルス性結膜炎  眼底出血   網膜中央動脈阻塞  

飛蚊症

 その他 横隔膜痙攣  疲労倦怠  麻木感  減肥(diet)  疔瘡  丹毒  マラリア

嗜眠  皮膚掻痒症  蕁麻疹  湿疹  神経性皮膚炎  夜尿症   赤痢 

毛嚢炎   百日咳  奔豚気  アトピー等自己免疫性疾患   褥瘡  

一酸化炭素中毒後遺症    

   

 WHO(世界保健機関)認定針灸治療対象疾患